国際結婚でイギリス在住。イタリアとデュアルライフするアドバイザー・パバンめい

パートナーシップで愛される国際恋愛のはじめ方

【漫画化のお知らせ】Instagramハイライトから♡

私の復縁ストーリーはハイライトから漫画で読めるよーー!

ストーリーも毎日更新中♪

↓↓↓

インスタはこちら

年2回開講の脳科学講座は残席4名

国際結婚♡恋愛論

ヨーロピアンと恋愛!夫がイタリア人妻が語る国際結婚したいあなたへ

イギリス在住、イタリアとデュアルライフする女性の国際結婚・恋愛アドバイザーのパバンめいです。

理想の外国人男性からプロポーズされる未来が手に入るための国際婚活・パートナーシップのコンサルティングをしています。

今回は、ヨーロピアンと恋愛!夫がイタリア人妻が語る国際結婚したいあなたへについてお伝えします。

ヨーロピアンと国際結婚がしたいあなたへ

わたしの夫はイタリア人なのですが、彼と結婚する前は周りにヨーロピアン男性と国際結婚をしている人がおらず、実際に国際結婚をされた経験者を探していた時期があります。

なぜか、自分は結婚するなら外国人ではないか?と感じています。もし、同じような気持ちがあり国際結婚した女性がいたらお話を聞いてみたいです

と書いていました。

2015年末に国際結婚したいと書いていましたが、夢が叶い2016年のハロウィンに国際結婚をしました。

国際結婚をした今、思うことですが、

国際結婚に必要なものは国際結婚がしたい!

という気持ちが一番重要だと思います。

ヨーロピアンに目覚める??

写真はオーストラリアのウルル(エアーズロック)です!!

 

トンデモナイ自分のフェチズムに目覚めてしまった…

 

わたしは2013年にワーキングホリデーという、海外で働きながら生活が出来るビザを使いオーストラリアに1年間留学しました。

 

英語の上達を希望しての留学でしたが、

そこで目覚めてしまったんです!

ヨーロピアン男性、めちゃくちゃわたしの好み!と。

(目覚めたのか、もともと持っていて気付いたのか…どっちが先かわかりませんが…)

オーストラリアでヨーロピアンの魅力を知る

なんと、オーストラリアにいるにも関わらずあまりオージーには興味がなく、オーストラリアでヨーロピアンの魅力に夢中になってしまいました。

わたしがタイに住んでいた時は、ヨーロピアンのヒッピーのお兄さんが多かったので、オーストラリアで出会った紳士なヨーロピアンの方々は新鮮でした。

まあ、でも当時はワーホリマジックかな?なんて少し思っていました。

現地にいて気持ちが酔っているというか…日本に帰国したらそういう気持ちも終わるのかなって。

2014年1月。日本に帰国。

恋愛を禁止していた訳ではないですが、やはり外国人の男性がすごく好みだから今のタイミングで下手に日本人男性と交際したくないと思いました。

アラサーだと結婚になる可能性も出てきます。

日本人男性と結婚したら後悔する自分に気づいていたので、AKBでもないのに恋愛禁止状態の2年間を過ごしました。

ヨーロピアン人男性との恋愛について

ヨーロピアンと恋愛は日本人男性と異なることも多いので最初は戸惑うかもしれません。
まず、海外では「付き合ってください!」というような交際宣言をすることはありません。

つまり、日本のように「好きです!付き合ってください!」みたいな手順にはならないです。

お付き合いお試し期間は、【彼氏なのか彼女なのかわからない】と言うような曖昧な関係から始まることが多いです。

これは欧米の恋愛スタイルなのでヨーロピアン男性特有の恋愛スタイルではありません。

ヨーロッパの男性は優しい人が多いので、恋愛関係をハッキリしたい場合は我慢せずに聞いてみても良いでしょう。

「日本にはこのような文化がないから、わたしはあなたの彼女なのかわからなくてすごく不安に感じている」と国の違いを伝えて話せば、あなたのことを本当に考えてくれている人ならばしっかり話を聞いてくれるでしょう。

ヨーロピアン人男性との結婚について

我が家は、結婚後も恋人夫婦です。

わたしの夫はとても穏やかな人で優しい性格なので、喧嘩をすることはほとんどありません。
呼び方はお互いに〝ちゃん〟付けで呼んでいます。
夫はわたしのことを、〝めいちゃん〟と息子ができた今でも呼んでくれますよ。

イタリア人男性は結婚しても妻のことを「ママ」「おい」「お前」とは呼ばずに一人の女性として名前で呼び合う男性が多いです。
また、日本人男性よりも毎日のハグや行ってきます!のキスなどスキンシップが日常化されています。

イタリア人の男性の特徴としては、全体的に家族の距離が近いです。

わたしは、イタリア人の家族の距離が近いことはとても素敵なことだと思っています。

いや、別にそこに嫉妬とかはもちろんないのですが、日本にはない文化だな〜と最初の頃は不思議な気持ちでした。

イタリア人の家族はわたしにもハグやキスをしてくれます。

日本人女性には、彼氏や夫という関係ではない家族や友達に、抱きしめられたりやキスは慣れていないことだと思います。

わたしも最初は戸惑いましたが、そういうところも含めてイタリア人男性と国際結婚をして良かったです。

行動に移せば、目の前のことは自分の思い通りになる

国際結婚したいという夢は叶います。

きちんと正しく行動に移せば、目の前のことは自分の思い通りになります。

 真面目な外国人男性を見つけたいあなたへ

真面目な外国人男性と出会えるサイトをご紹介します!!
自分の理想の環境(相手が日本語を話せる外国人など)を選択できます。

海外で真面目な外国人男性と出会えるマッチングサイトといったらこのサイト!

❤️Match(マッチ)

Match(マッチ)は日本在住の外国人、海外在住の外国人を検索できます。
(外国人と出会えるマッチングサービスについてはロンドン暮らしについて書いているブログに飛んで解説しています)

ヨーロピアン男性との国際結婚のご相談、お任せください!

国際結婚、国際婚活、国際恋愛、海外生活のお悩み、海外で起業する事、外国人夫とのパートナーシップ、ビザ取得(EEAビザ)のご相談はお任せください。

イギリスでのマタニティライフ、海外出産(水中出産)についてのご相談をされる方もおります。

あなたに愛されて当たり前♡マインドはありますか?

愛されたい♡と思っていたら要注意です!

実は、潜在意識は逆向きに動きます。

あなたが「愛されたい」と思っている以上は、愛されない現実がやってくる仕組みがあるのです!

恐ろしい!!!笑

わたしが主宰している講座は、愛されて当たり前をダウンロードする講座です。

しかも、素敵な彼だけでなく、お金にも愛される講座!

全ての願いを脳科学で叶える講座です。

愛とお金は切っても切り離せません。

愛されて当たり前でなければ、愛もお金も手に入りません!!

そもそもですが、

好きな人に本当のあなたを見せられてる?

見せてるかニャ?


好きな人の前では緊張してしまって、本来のあなたを見せられないので悩んでいるという人は非常に多いです。

確かに会話1つでも、好きでない人に比べて何を話そうか悩んでしまいますよね。

でも!!

好きな人にありのままのあなたを好きになってもらうこともとても大切です。

もしかしたら、あなたの中に何か恋愛のブロックがあるのかもしれません。

自分だけでは判断できない時に…

恋愛がなかなか好きな人とうまくいかない人の特徴として、恋愛のブロックがある人が多いです。

ご自身の恋愛がうまくいかない場合は、ブロックを外していくことをお勧めします。

私が受講生さんにお伝えしていること、

それは

①自分軸

②愛

③お金

この順番で整っていきます。

だから、恋愛をうまくいかせるには自分軸が大切です。

こちら受講生さんとの対談動画!

脳科学的!運命の人との出会い方について!

YouTube(倍速で12分)

↓↓↓

資料を使って解説しているから見てみてね♪

自分軸については無料動画で解説したよー

下の【ミラクルを起こす方法〜無料動画、音声、PDFプレゼント】を見てみてね。

動画とPDFで解説しているから、復縁に役立ってもらえたら嬉しいな。

お金のブロックについても解説しているよ。

※脳科学講座のお問い合わせは、公式LINEまたはインスタからDMしてね。

(年に2回、開講しています)

あとインスタもやってるよー♡

ストーリーは毎日更新中!

私の復縁ストーリーはインスタから読めるよーー!

↓↓↓

インスタはこちら

間もなく募集終了!

 

脳科学講座は残席4名

 

※脳科学講座のお問い合わせは、公式LINEまたはインスタからDMしてね。

(年に2回、開講しています)

営業日48時間以内に返信致します。

LINEから返信がない時やLINEをお持ちでない場合は、下記のお問い合わせフォームに送ってください。
お問い合わせフォーム

ミラクルを起こす方法〜無料動画、音声、PDFプレゼント

プロローグはこちら

(noteに飛びます)

商業出版、

国際結婚、

海外移住(イギリス、イタリア)、

ハーフのママ、

月商7桁!!

パバンめいが多くの夢を叶えられた秘密を無料で大公開!

多くの方からご感想をいただいています!

プレゼント動画の受け取りはこちら♡

QRコードでの登録 ID検索・追加ボタンでの登録
『@love2』

友だち追加

-国際結婚♡恋愛論

Copyright© パートナーシップで愛される国際恋愛のはじめ方 , 2024 All Rights Reserved.