国際結婚でイギリス在住。イタリアとデュアルライフするアドバイザー・パバンめい

パートナーシップで愛される国際恋愛のはじめ方

🔻直接ご相談されたい方は下記の個別相談にお申し込み下さい♡

個別相談はこちら

国際結婚♡恋愛論

国際結婚になると尚更アラサーとアラフォーで婚活女性の心のブレーキが違う!

今回は、国際結婚になると尚更アラサーとアラフォーで婚活女性の心のブレーキが違う!についてです。

年代で違う婚活ブレーキ

実は、アラサーとアラフォーでもアドバイスがちょっと結婚への心のブレーキが変わってきます…

アラフォーの女性は結婚に悩む人が多いです。

20代やアラサーだと勢いでイケることも、アラフォーだと結婚に構える人が多いです。

そして、国際結婚だと尚更です!

20代やアラサーの方が勢いで結婚に向かえると書きましたが、20代で結婚した友人の中には「ノリで結婚した!」と言う人もいます。

「ノリ」の意味はその場の雰囲気に合わせて調子づくことを指しますが、実際はそれだけではないとは思いますが、周りの友人が結婚しているから自分も30歳になるまでに結婚したかった!と言う女性は多いです。

つまり、ノリとは勢いということだと思うのですが、そのような20代や30代と違い40代結婚に対して慎重になってしまったり構える傾向はあります。

日本の生活が充実しているタイプは要注意!

20代、30代とバリバリ仕事をしてきて、40代から婚活を始めるという女性が増えてきました。

何かのご縁で外国人男性とお付き合いをするようになったけれど、相手の国に住むことには抵抗があり、このまま国際遠距離を続けるのかモヤモヤする…

けれど、前に踏み出せない…

 

国際結婚をしても、お相手が日本に来てくれる場合は良いのですが、女性側が海外に行く場合は今まで日本でされてきた仕事を辞めないといけないので抵抗のある人も多いです。

 

20代だと「一度しかない人生だから!」とノリで辞めることもできるのですが、年齢を重ねてキャリアアップしていくうちに仕事を手放すことも大きな決断になるのです。

 

また、今までは遠距離恋愛だった場合、四六時中彼といることにも慣れるのか?など、別の不安も出てきます。

 

ご自身がどうしたいのか?

彼と本当に国際結婚したいのか?

今の仕事を辞めて彼と海外移住はあなたが本当にしたいことなのか?

 

一度、ゆっくり考える時なのかもしれません。

🔻直接ご相談されたい方は下記の個別相談にお申し込み下さい♡お客様の声を読むこともできます。


個別相談はこちら

🇮🇹About me🇯🇵 &無料プレゼント


🇮🇹About me🇯🇵
英語が全く話せずハッピーバースデーのスペルも書けない状態で、タイ、オーストラリアのワーホリへ。
イタリア人の彼氏ができたけれど、ビザが切れて海外遠距離は無理!と彼にボロボロにフラれて失恋💔

日本へ1人寂しく帰国✈︎

その後、愛される方法、復縁を研究し独自の愛されメソッド完成❗️

その結果がこちら✨

・なんと!彼からアプローチ
・彼がイギリスに家を用意してくれた
・イギリス🇬🇧移住
・ロンドンで復縁結婚
・念願のハーフベイビー出産👶💖
・2020年8月イタリア🇮🇹移住

愛されて当たり前になる女性を増やす💕をミッションにヨーロッパ式の愛される方法を発信しています。

✒︎ パートナーシップ本(星雲社)から全国発売

無料プレゼント(2つ)


有料級の動画なので期間限定配信中です。ご興味のある方はお急ぎください

愛されメソッド編

◆豪華プレゼント内容◆

メルマガご登録無料三大特典動画

  • 長女の私が愛されて当たり前になれた理由
  • 愛されて当たり前になる3ステップの中身を大公開!
  • 運命の男性との出会い方

【無料】愛され動画レッスンはこちら

【無料動画レッスン】プレゼントを受け取る

国際恋愛・国際結婚編

◆豪華プレゼント内容◆

メルマガご登録無料三大特典動画

  • グローバルLOVE♡自分軸で愛される方法
  • 日本で外国人男性に出会う7つの方法
  • 日本にいながら現地の外国人に出会う方法(2と3は永久保存版PDF付き)

【無料】国際結婚レッスンはこちら

【無料メール講座】プレゼントを受け取る

メルマガの解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。

LINEお友達追加はこちら

お問い合わせなどはLINEにお願いします。

無料レッスンが届かないなどもこちらにお問い合わせください。

https://line.me/R/ti/p/%40ugl4542x

友だち追加

-国際結婚♡恋愛論

Copyright© パートナーシップで愛される国際恋愛のはじめ方 , 2020 All Rights Reserved.